意外と使える?!百均コスメのアイブロウペンシル

アイブロウって、何を使うか結構悩みますよね。色合いが良いと思って買っても付きすぎだったり、使用感がいまいちだったりすることもしばしば。それに消耗品だから、あまり値の張るものは使いたいくない、というのが本音です。

そこで最近私が気に入っているのが、百均のアイブロウ鉛筆。色合いは少なく、3種類くらい(黒、茶、グレー)しかないので、色にこだわる人には向かないかもしれませんが、普通に使う分にはこれで十分だと思います。アイブロウは、髪色よりワントーン以上明るめを使うのがポイントだそうなので、私は茶色を使っています。好みによってはグレーも良いかもしれません。

百均だからといってバカにはならず、使用感はなかなか良好です。削るの失敗して折れても、「百円だからまぁいいか」と思える点も良いです。特に肌荒れにもなっていません(個人差はあると思います)。一説によると、百均コスメは大勢の人が使う分に、審査も厳しめなのだとか。これが正しいとすれば、割と安心して使えそうですね。 もし失敗しても百円なので、一度試してみる価値はあるかもしれません。サロンの効果はクリニックほどではありません

気になっていた幹細胞成分

年齢を重ねていくうち肌の老化が日に日に気になり、悩みも深くなってきました。以前は保湿重視のスキンケアをしていましたが、本格的にエイジングケアをしようと思い色々な商品を調べていました。それでも高額なものばかりで続けられそうにないのが目に見えていました。そこで、ある美容雑誌で「幹細胞」というキーワードが気になりその商品を使ってみることにしたのです。LITSという商品で昨年リニューアルした商品です。CMが結構流れていてその時はピンと来なかったのですが、最近急に気になったのです。植物由来の幹細胞成分が配合されているスキンケアでハリや潤い、弾力をもたらしてくれるようなのです。ドラッグストアで3日間のトライアルセットがあったので早速購入。
化粧水は濃密で、美容液も肌にピタリと吸い付くのです。アルコールフリー、無香料というのも敏感肌の私には最適でした。夜に使う美容ジェリーがまた面白く、形状記憶ジェリーで手に取るとぷるぷるして塗るだけでたるみが引き上げられていくのを感じました。気に入ったので現品を購入してみようと思っています。発毛の詳細はコチラへ

今流行のまゆティント

今雑誌やテレビなどでとても流行っているまゆティントの使ってみた感想をご紹介します。
私自身、眉は黒くて髪色と合っていないのが悩みでいつも眉毛を脱色して茶色にしていました。しかし肌の負担が大きく荒れてしまうことがよくありました。
そういう時に、テレビでまゆティントの特集があり使ってみたくなりドラッグストアに駆け込みました。値段は約1,200円からで色はライトブラウン、モカブラウン、ダークブラウンの3色が主です。使用方法は眉を整えた後にまゆティント自分の好きな眉の形になります。この時イモトのようなまゆになるので、来客が来ない時にするのがオススメです。しばらく時間をおいて、剥がすのですが私の経験上塗ったまま寝て朝剥がすのが1番持ちが良かったです。約3日から1週間は色が持つので、温泉旅行やお泊まりに行った時にすっぴんに自信が持てます。脱色をするよりお手軽で、肌にも優しいと思うのでいつも眉毛を茶色にしたいと思って脱色や染めに行っている人にはとてもお勧めしたい商品でした。xn--eck1fw424a.jp

馬油をスキンケアに取り入れた結果

私はもともとインナードライ肌で、テカりやすいけれど潤いはなく、すぐニキビができるというなかなか難しい肌質です。
テカりやすいしニキビができるので、なんとなくオイル系の美容アイテムは避けてきたのですが、口コミで馬油が人気ということを知ってから、馬油を乳液代わりに使うようになりました。
馬油は人の皮脂と近い成分で肌荒れしにくく、抗菌、殺菌作用もあってニキビ肌にも適しているということだったので、化粧水をつけたあと、米粒大くらいを指にとって両手で温め、顔全体に伸ばすようにしています。
使用感は、化粧水を閉じ込める膜を張ったような感じになり、時間がたつとしっとり肌になじみます。
これを使い始めてから、肌が突っ張るような乾燥が無くなりましたし、ニキビもできにくくなりました。
メイク前に使うと、ちょっとべたつきを感じたり化粧崩れが起きたりするので、専ら夜寝る前の使用にしています。
顔だけでなく、ハンドクリーム代わりに手に塗ったりもしていますが、おかげであかぎれやひび割れもなく快適です。ニキビの治療は確立されています

発表会に行ってきました

子供の幼稚園のミニ発表会に行ってきました!どうして「ミニ」なのかというと・・・大きな発表会は秋にやるからなんです。秋の発表会は市のホールを借りてそれは盛大に劇などやるのですが、梅雨のこの時期に行う発表会は、「4月からの新しいクラスにこれだけ慣れましたよ~」というのを披露する目的のほうが大きいのかなぁと勝手に考えています。ともあれ、親にとっても幼稚園での生活を知る良い機会ですね。
晴れたら園庭で行う予定だったのですが、6月ですものね。やっぱりというかなんというか。雨でした。残念。なので室内のステージになりましたが、子供には場所はあまり関係ないようで、ただ人の多さに圧倒されておりました。ビデオを撮影していたのですが、子供の表情が緊張MAX!今にも泣き出しそうです。練習どおりに歌えるかな?でも、ピアノで前奏が流れ始めると緊張もほぐれたのか、大きな口を開けてしっかり歌えていました。あくびしながら歌ってたのもバッチリ見たぞ~。